前へ
次へ

化粧品でのトラブルを防ぐためにすべきこと

近年様々なメーカーの化粧品が販売されています。
それに伴って消費者もたくさんの中から商品を選ぶことが可能になり、大変便利になりました。
またインターネットの普及や海外に行く人達が増え、海外化粧品も手に入りやすくなりました。
しかしながら、それと同時に化粧品にまつわるトラブルも増えています。
日本では薬事法により化粧品の全成分表示が義務付けられました。
そうなったことにより、消費者は成分表示をよく確認して自分に合わないものが入っていないか確かめることができるようになったわけです。
しかしながら海外製品を使用の際には注意が必要です。
なぜなら海外は日本と表示の基準や使用を許可されている成分が違うからです。
つまりトラブルをなくすためには広告だけを信用するのではなく、日本製品であれ海外製品であれ使用されている全成分をしっかり確認して使用することが大切なのです。
化粧品は以前は全成分表示が義務付けられていませんでしたが、消費者保護の観点から規制が強化されました。
2001年4月に薬事法が改正され、全成分表示が義務付けられています。
現在国内で販売されている化粧品は全て、全成分表示がされています。
ネット通販で化粧品を販売する時にも、全成分表示が必要になります。
化粧品にはいろいろな成分が含まれており、アレルギー患者などが使用すると、アレルギーの症状が悪化する場合がありますので、どのような成分が含まれているかを事前に確認することが必要になります。
昔はベンゼンや防腐剤が含まれているようなコスメも自然派という言葉を使って販売していましたが、今ではそのような表現はできなくなっています。

Page Top