前へ
次へ

化粧品には全成分が表示されています

2001年4月から、医薬部外品を除くすべての化粧品に全成分表示が義務付けられるようになりました。
従来、薬事法により化粧品を製造して販売する場合や輸入して販売する前に、1品ごとに事前の承認・許可が必要でした。
欧米の化粧品は、製品に全成分を表示することで企業が責任をもち、1品ごとの承認・許可が必要ではありません。
全成分は容器か外箱に記載されます。
そのときに配合が多い順に並べなければなりません。
全成分ですので、水といった従来は書かれていないものも表示されるようになりました。
このことで、消費者は体質や好みに合う物を選ぶことができ、またアレルギーのために避けたい物質の有無もわかるようになりました。
万一、肌にトラブルが生じた場合にも、皮膚科で成分表示を見てもらうことで原因の特定がしやすくなります。
ここ最近、化粧品の全成分を表示している商品をよく目にします。
しかし、一般素人には何のことかさっぱりわかりません。
せいぜい「水」「ナントカ油」くらいです。
また成分も日々進歩しており、新しい成分や名前を変えたりと一般消費者は付いていけません。
だからといって自分が使ってる商品に何の成分が入っているのかわからないというもの問題があります。
今は商品の成分を素人にもわかりやすく説明している本や雑誌もよく目にします。
何も分からない消費者のために化粧品会社の人たちも努力をしてくれています。
自分の肌に何が必要なのか化粧品屋で調べて、昔より、より安全に効果のある成分が入った化粧品を使うことで肌がきれいになるのです。

Page Top