前へ
次へ

化粧品税は現実的か否か

巷では消費税増税問題が話題となっている。
解散に選挙、それに伴い消費税増税も先送りになる可能性があるのだろうか。
そんな中、世間で言われているのは、増税は仕方ないが軽減税率をしてほしいということ。
つまり、贅沢品の税率と、生活必需品の税率を変えるということだ。
さて、ここで化粧品は贅沢品と生活必需品どちらになるのだろうか。
かなり線引きが難しいのではないだろうか。
たとえば成人女性なら多くが毎日化粧をするだろう。
これは生活必需品と言えるだろう。
しかし、たとえばDiorやCHANELという高価な化粧品ははたして必需品と言えるのだろうか。
労働によって、稼いでも稼いでも、結局引かれて手取りは低くなってしまう税金。
消費税増税に伴い、軽減税率を求める声も多いが、贅沢品と必需品の線引きがきっちりできない限り、軽減増税は難しいということが現実だろう。
化粧品にかかる税金の主なものに、消費税と関税があります。
消費税は商品の購入者が負担する税金で、2014年現在の税率は8パーセントです。
消費税がアップされると商品の価格も上昇しますので、売れ行きを大きく左右します。
化粧品の販売会社が、海外のメーカーから化粧品を輸入する時には関税がかかります。
関税は商品によって細かく設定されており、商品によって税率が異なります。
化粧品を海外から輸入する際には、薬事法の適用を受けますので注意が必要です。
コスメを個人輸入する際には薬事法の適用を受けませんが、関税はかかります。
個人輸入の代行を業者に依頼すると、個人輸入の代行業者が税関での手続きを行い、関税も支払いますので、とても手軽に海外のコスメを購入することができます。

Page Top